視能訓練士 教育制度

知識や技術を磨きながら、
人とのつながりも大切に。

検査機器を豊富に揃えている眼科杉田病院では、習得すべきことがたくさんあります。言い換えれば、自分を高めるチャンスが十分にあるということ。入職した新人の皆さんが着実にステップアップできるように、3年間の教育カリキュラムを用意しているほか、現場では先輩たちが丁寧に新人の皆さんを指導します。また、月1回、勉強会も開催するなど、知識や技術を高めるための環境をしっかりと整えています。

視能訓練士 教育制度

1年目

4〜6月
・電子カルテの使用方法 ・視力検査 ・簡単な眼鏡処方 ・使い捨てSCL処方
7〜9月
・眼底カメラ ・OPTOS ・OCT等 ※比較的簡単な症例から学びます
10〜12月
・HFA  ・FDT ・GP講習
1〜3月
・軽度の弱視や斜視の検査

2年目

前期(4〜9月)
・比較的難易度の高い眼鏡処方
・カスタムHCLの処方
・他の電気生理的検査の習得
後期(10〜3月)
・GPの実践
・アイパッチの時間指導や、抑制の浅い間欠性外斜視の訓練

3年目

・高難度の眼鏡、カスタムHCLの処方
・難易度の高い症例に対する電気生理的検査
・GPのレベルアップ
・麻痺性斜視の検査、プリズム処方
・抑制の深い間欠性外斜視の訓練
【毎月開かれる勉強会】
毎月1回、診療時間が終わった後、視能訓練士が一堂に集まり、勉強会を開きます。毎回一人ずつ、各自がテーマに基づいて発表し、質疑応答をする活発なものです。ときには学会のプレゼンテーションを行うなど、互いに意識を高め合う、重要な機会でもあります。
採用情報 先輩からのメッセージ動画
院内託児所のご案内
よくある質問
眼科杉田病院 募集要項&応募フォーム
病院見学は随時
受け付けています

【連絡先】事務センター
TEL:052-251-6573
FAX:052-261-5097

E-mail kaga@sugita.or.jp
(担当:加賀)