公的補助制度

弱視等治療用眼鏡

9歳未満のお子さんの先天性白内障手術後、斜視、弱視の屈折矯正治療のために、眼鏡、コンタクトレンズが必要な場合、その作成費用は健康保険の適用対象となります。(平成18年4月以降の作成分に限ります。)

給付額

弱視眼鏡(36,700円)・コンタクトレンズ(15,400円1枚)×1.048を上限とし、実際支払った金額の7割保険給付されます。(6歳未満は8割給付)

再給付の場合

  • 5歳未満・・・前回給付から1年以上経っていること
  • 5歳以上・・・前回給付から2年以上経っていること

※申請期限は眼鏡・コンタクトレンズの処方箋発行日から2年間です。

手順

1. 作成

弱視等治療用眼鏡・コンタクトレンズ作成指示書、処方箋を当院で作成します。

2. 眼鏡購入

  • 眼鏡

    眼鏡を購入

  • +

  • 領収書

眼鏡店で眼鏡を作成し、代金を支払い、領収書を受け取ります。

3. 申請

ご加入の健康保険窓口で申請します。

  • 【健康保険協会にご加入の方】……… 各健康保険協会
  • 【国民健康保険にご加入の方】……… 市区町村の国民健康保険課
  • 【健康保険組合にご加入の方】……… 各健康保険組合の事務局
  • 【共済組合にご加入の方】…………… 各共済組合の事務局

4. 提出

  • 療養費支給申請書

    (ご加入の健康保険
    申請窓口にあります)

  • 弱視等治療用眼鏡・コンタクトレンズ作成指示書

    (当院で作成します)

  • 眼鏡・コンタクトレンズの領収書

    (処方箋発行日以後
    の日付のもの)

  • 口座番号のわかるもの
  • 印鑑

ご加入の健康保険窓口

5. 支給

世帯主の銀行口座へ支給されます。