手術・治療

網膜硝子体手術

網膜硝子体手術とは

網膜剥離、黄斑円孔、黄斑前膜、増殖性糖尿病網膜症、硝子体出血などが適応となります。硝子体(しょうしたい)とは、眼内を満たす無色透明のゼリー状の物体で、成分の殆どが水です。硝子体は水晶体後部に接し、一部は網膜とくっついています。硝子体は、眼球そのものの形状を保ったり、眼内に入ってくる光を屈折させたりする役割を担っています。
硝子体手術は、混濁してしまった硝子体や、眼底出血、眼内で細胞が増殖し形成された増殖膜、網膜への牽引などの病因を除去することで、疾患が進行することを防ぎます。

眼球断面図1

眼球断面図2

手術内容

局所麻酔で行います。その後眼球に数か所、小さな穴をあけ、特殊な器具を挿入します。灌流液を入れて眼圧を保ちながら、眼内を照らす照明や硝子体カッターを挿入し、混濁した硝子体や増殖膜を切除、吸引除去します。疾患によっては、網膜にレーザー照射を行います。網膜剥離や黄斑円孔などでは、最後に灌流液を空気やガスに入れ換えます。

注意点

合併症・偶発症について

白内障進行、眼圧上昇、角膜障害が起こる場合があります。大変稀ですが、脈絡膜出血、硝子体出血、前房出血などが起こる可能性があります。

手術後の注意点

術後は安静が必要です。眼内に特殊な気体や液体を入れた場合、しばらくうつ伏せ姿勢等が必要になります。気体の場合は自然に消失しますが、消失するまで飛行機の搭乗や登山、スキューバダイビングはできません。液体の場合は、将来的に眼内から抜き取る手術を行います。
視力回復には時間がかかる場合があります。視野欠損、神経障害が生じる場合があります。

費用について

横にスクロール出来ます。

手術名 一般 高齢者
3割負担 1割負担 2割負担 3割負担
硝子体茎顕微鏡
下離断術
(網膜付着組織を
含むもの)
入院 180,000円 70,000円 70,000円 100,000円
硝子体茎顕微鏡
下離断術
(その他のもの)
入院 150,000円 60,000円 70,000円 100,000円
増殖性硝子体
網膜症手術
入院 250,000円 70,000円 70,000円 100,000円
網膜復位術 入院 160,000円 70,000円 70,000円 100,000円