手術・治療

LASIK・LASEKについて

LASIKについて

LASIK(Laser in Situ Keratomileusis)はこんな方にお勧めします。

  • 遠視、近視、乱視の方
  • メガネやコンタクトレンズにわずらわしさ(煩わしさ)を感じている方
  • ドライアイやアレルギー性結膜炎などのため、コンタクトレンズが使用できない方
  • 左右の視力(近視度)がかなり違い、メガネでは矯正が困難な方
  • ハードなスポーツをする際にメガネやコンタクトレンズでは不自由な方
  • 現在の視力では希望する職業につくことができない方

これまで近視や乱視を矯正して視力を良くするには、メガネやコンタクトレンズが必要でした。 しかし、メガネ・コンタクトレンズに加えて第3の選択として手術で視力を良くする方法も広まってきています。
角膜屈折矯正手術としてLASIK、LASEK、PRKがあります。

IntraLASIK手術方法

点眼麻酔の後、フェムトセカンドレーザーを用いて、レーザーでフラップを作ります。
フラップ作製のためのレーザー照射時間は片眼おおよそ20秒程度です。

フラップをめくり上げ、その下の角膜実質にエキシマレーザーを照射することにより角膜のカーブを変化させます。

フラップをもとに戻し、しっかり密着させます。
縫合の必要はありません。

手術時間は両眼で30分程度、入院の必要はありません。
手術ができるかどうかは詳しい検査結果後、手術担当医が判断します。
手術の詳しい内容は説明会でご案内しております。

LASEKについて

一般的に、 角膜屈折矯正手術として行われるのはLASIKです。
LASIKは、術後の痛みが少なく視力の回復が早い手術方法です。
ただし、この手術は角膜の実質にまでおよぶフラップを作製するため、充分な角膜の厚みが必要です。また術後、目に外傷を受けた場合、フラップが剥がれてしまう危険性があるので、角膜の薄い方や激しいスポーツ(特にボクシングなどの格闘技)をされる方には適していません。
そこで当院では、LASIKが受けられない方にはLASEKで屈折矯正をお勧めしています。

LASEK 手術方法

まず角膜表面を20%アルコールで柔らかくし、角膜上皮だけを剥がします。
(LASIKでいうフラップの作製)

アルコールを浸している図

上皮を剥がしている図

角膜実質にエキシマレーザーを照射します。

初めに剥がしておいた角膜上皮を元に戻します。

一度アルコールで柔らかくなった角膜上皮はとても不安定なため、ソフトコンタクトレンズを装用します。(ソフトコンタクトレンズは角膜上皮が再生してくるまで約1週間連続装用します)

LASIKとの違い

LASIKの術後と違い、角膜上皮が不安定なため痛みがあります。強い痛みは、手術翌日までに治まる方がほとんどです。角膜上皮が再生するまで(1~2週間)は、異物感が残ります。
視力回復は、LASIKよりもゆっくりです。LASIKでは手術翌日に視力が回復するのに比べて、LASEKでは視力の回復に1週間位かかることが多いです。