よくあるご質問

目に関するご質問

予約に関する
ご質問
目に関する
ご質問
手術に関する
ご質問

最近、目が疲れて困っています。放っておいても大丈夫ですか?

一般に眼精疲労は様々な要因が重なりあって起こりますが加齢に伴うものは

  • (1)老視に伴う近見視力の低下
  • (2)40~50歳にみられる乱視軸の変化
  • (3)加齢に伴って増加する緑内障などがあります。

この他では、パソコン、ワープロなどを使用するVDT症候群といわれるものがあります。これらは調節、瞳孔反応の低下など自律神経の異常を伴ってくることがあります。いずれの場合にも適切な医師の判断が必要です。
また最近、涙の減少に伴い目の表面が乾燥するドライアイが眼精疲労の原因となることも増加しています。

目の痛みがひどく、心配です。何かの病気でしょうか?

目の痛みは目の表面 、眼球そのもの、眼球後方の部位によって痛みの感じ方に差があります。

1. (ゴロゴロ、チクチク)は目の表面の痛み
「目の表面の痛み」は、ゴロゴロ、チクチクするというようなことで表現されることが多いようです。角膜異物、角膜びらん、逆まつげなどの原因が多いようです。
2. (ズキズキ、ズキンズキン)は眼球そのものの痛み
「眼球そのものの痛み」は、ズキズキとか、光をみると刺すように痛む、目の周囲に広がるように痛む、と訴えることが多いようです。これらは強膜炎、虹彩炎、急性緑内障発作など眼球に炎症が起こっていることが多いようです。
3. (目の奥が痛い)は眼精疲労
「眼球後方の痛み」は、眼精疲労や顔の痛覚である三叉神経による痛みなどがありますが、眼精疲労による痛みは眼球の奥が圧迫されるように痛むと訴えることが多いようです。
また、三叉神経の痛みはヘルペスに伴うことが多いようです。

目やにが出るのは、どうしてでしょうか?

正常でも少しの目やには出ます。皮膚でいう垢のように、 目の表面の老廃物と涙が混ざって、目やにになります。
しかし目に見えて量の多いときは、やはり、結膜炎などの感染症を考えなければなりません。抗生物質などの適切な治療が必要です。

まぶたが腫れて痛みます。原因がわからないのですが・・・

"ものもらい"が考えられます。"ものもらい"には2種類あります。

麦粒腫 睫毛の根本が化膿して、 腫れて痛みがあります。
抗生物質の使用で、自然に膿が出て治ります。
霰粒腫 まぶたにある脂腺がつまって、しこりのように大きくなります。 急性に起こると、はじめは痛みがありますが、炎症がおさまると痛みは無くなりしこりだけ残ります。 通常まぶたの裏側から切開して膿を出す処置が必要になります。
1. 麦粒腫
睫毛の根本が化膿して、 腫れて痛みがあります。
抗生物質の使用で、自然に膿が出て治ります。
2. 霰粒腫
まぶたにある脂腺がつまって、しこりのように大きくなります。 急性に起こると、はじめは痛みがありますが、炎症がおさまると痛みは無くなりしこりだけ残ります。 通常まぶたの裏側から切開して膿を出す処置が必要になります。

目がかゆく、白目が腫れてしまい心配です

一番多い原因は、アレルギー性結膜炎です。ひどいときは、結膜浮腫といって、白目の表面がブヨブヨと腫れたようになることもあります。充血したり、涙が多くなったりします。花粉症やハウスダストなど、血液検査で原因がわかることもあります。
治療は、おもに点眼薬ですが、症状の強い方や、鼻炎を伴うような場合は、抗アレルギー剤の内服をしていただきます。 また、毎年決まった時期に花粉症になるような方は、花粉の多くなる前から、早めに抗アレルギー剤の点眼をしておくと、症状が軽くてすみます。

目が赤く充血してしまいます

白目が赤くなった時は次の2つが考えられます。

結膜下出血 眼球の表面の血管からなんらかの原因で出血した場合。結膜の下に出血がたまるため、白目の一部がべたっと赤くなります。原因は、外傷、動脈硬化などです。通常は、1週間から10日で自然にひきます。
充血 目になんらかの炎症があると、眼球表面の血管が拡張して赤くなります。一番多いのは結膜炎ですが、その他、角膜炎や虹彩炎、目にゴミが入ったときなど。緑内障で眼圧が高いとき、又、眼精疲労、ドライアイなどでも充血がみられます。また目の手術を受けた後は、しばらくの間、充血しやすくなりますが、充血が増してきたときは主治医の診察を受けてください。
結膜下出血
眼球の表面の血管からなんらかの原因で出血した場合。結膜の下に出血がたまるため、白目の一部がべたっと赤くなります。原因は、外傷、動脈硬化などです。通常は、1週間から10日で自然にひきます。
充血
目になんらかの炎症があると、眼球表面の血管が拡張して赤くなります。一番多いのは結膜炎ですが、その他、角膜炎や虹彩炎、目にゴミが入ったときなど。緑内障で眼圧が高いとき、又、眼精疲労、ドライアイなどでも充血がみられます。また目の手術を受けた後は、しばらくの間、充血しやすくなりますが、充血が増してきたときは主治医の診察を受けてください。

目にゴミが入ったわけでもないのに、涙が出て困っています

流涙は、主に次の様なときにみられます。

  • 結膜炎や、目にゴミが入ったとき、眼球に傷がついたときなどにゴロゴロする刺激によって、涙の分泌が多くなった場合。
  • 涙道といって、涙が鼻腔に流れる通路のどこかに閉塞がある場合。
    (涙嚢炎、鼻涙管閉塞症など)

涙は眼球表面に潤いを与えた後、 目頭にある小さな涙点という穴から涙嚢に入り、 そのあと鼻涙管という管を通って鼻腔に流れています。 このどこかに閉塞が疑われるときは、涙点から水を注入して鼻へ通るかどうかをみる簡単な検査をします。
閉塞がある場合の治療は、その場でブジーという細い器具を使って閉塞部の癒着をはずす方法がありますが、何回も閉塞を繰り返すときは、シリコンでできた細いチューブをある程度の期間、涙道のなかに入れたままにして涙道を広げる方法もあります。 涙道が完全に閉塞しているときは、涙道を新たにつくる手術をします。

黒いものが飛んでいる、チラチラするのは病気ですか?

この他、虫が飛んでいる、黒い点、髪の毛、糸くずなどというような様々な表現で自覚されることが多い様ですが、これらは一般 に「飛蚊症」という症候名で呼ばれています。 これらのほとんどが加齢変化に伴い、眼内に存在するコラーゲン繊維である硝子体の凝縮に伴うことが多く一般 に無害ですが、眼内に発生した出血、炎症、網膜裂孔に伴う硝子体混濁など慎重な経過観察が必要なものがありますので、自己判断せず眼科医に相談してください。

突然、光がはしり心配です

光が時々チカチカと見えるのは、硝子体に網膜が引っ張られることが原因で起こる場合があります。加齢に伴う硝子体中の変化によることが多く、網膜剥離の前駆症状の1つとして認められる場合があります。その他、突然、閃光が数分間続きその間視野の一部が見えなくなり、その後も数時間頭痛が続く閃輝性暗点と呼ばれる症状があり、若い女性に多く認められます。いずれの場合も放置せず眼科医に相談してください。

徐々に視野の一部に黒い影がかかってきました。

網膜がはがれる網膜はく離の可能性があります。網膜はく離である場合、早期の手術が必要になります。すぐに受診をしてください。

ものが二重に見えます。歳のせいでしょうか?

ものが二重に見えるときは、次の2つの場合があります。

  • 片眼を隠して見ると、像が1つになる。
  • 両眼で見ると、1つのものが離れた所にもう1つ見える。

この場合は、両眼の視線がずれているのが場合で、目を動かす筋肉である外眼筋の麻痺が考えられます。原因不明のことが多いものの、全身的な病気や脳神経系の病気が関係していることがありますので、脳のCT検査や血液検査が必要になります。

  • 片眼だけで見ても、ものが二重になる。
  • はっきり2つに見えるのではなく、物の輪郭がだぶって見える。

この場合は、なんらかの原因で視力が悪い場合です。

ものが歪んで見えます。

網膜の中心部分の黄斑部が変性する黄斑変性や、黄斑部の上に膜がはってしまう黄斑前膜などの可能性があります。注射や、手術が必要な場合があります。いずれにしても放置せず、受診をしてください。

コンタクトをしている目の充血は治りませんか?

コンタクトをはずしても耳側と鼻側、時計でいう3時と9時に局所的な充血が引かない場合、 眼球表面の結膜が隆起して、そこに瞬きによるコンタクトの機械的刺激が慢性的に加わるために、充血が認められる様になります。コンタクトのフィッティングや涙の状態が悪いことが多い様ですが、感染、アレルギーなども原因となることがありますので相談してください。

コンタクトレンズがすぐくもってしまうのは、どうしてですか?

コンタクトレンズの問題として、レンズの傷に蛋白質などが付着する、またレンズのカーブが目に合っていない等の原因が考えられます。また油膜のようなくもりは目の方に問題があり、コンタクトレンズの刺激によって結膜がアレルギー状態になっているケースも考えられます。このような場合は点眼などの治療が必要です。